【ライバル対策法】同業者に負けない立ち回り方とライバルの見つけ方解説!

【ライバル対策法】同業者に負けない立ち回り方とライバルの見つけ方解説!

ライバル

本日の記事内容は「ライバル対策」です。

天井狙い稼働では必ずと言っていい程ライバルが存在します。
ライバルとはいわゆる自分と同じ天井狙いをしてる人達で、ライバルがたくさんいてると立ち回りにくいので、必然と打てる台数も減ります。

対策しておかないと相手に先に台を取られたりして自分の稼働に影響するので、天井狙いに関してのライバルは非常に厄介な存在ですね。

けれどそれは相手にとっても同じ条件です。しっかり対策をし、逆に自分が相手にとって厄介なライバルになるように変貌してやりましょう!

ライバルの対策方法を結論から言うと、
「相手の行動を読む事」です。

これの全て理解すると、稼働で苦しむ事は無くなり、同業者の中でも頭一つ抜けるでしょう。
僕はこれから書く内容を実践する事でライバルに悩まされる事は無くなりました。

今から対策方法を具体的に話していきますので是非最後までチェックして下さい。

ライバル対策方法

メモ

冒頭で話した「相手の行動を読む」と言うのは、内容を深掘りすると5項目ほどに分けることができます。

その一つ一つを細かく解説していきましょう。

ピンかグループへの対応

組織図

ピン(1人で稼いでる人)だとレベルにもよりますが、正直そこまで影響は受けません。

もしその人のレベルが高い場合、バラエティなど隅々まで隙なくチェックされるので小規模な店舗だと相手以上の知識が必要ですね。
瞬時に判断できる能力が無いと相手に先に取られてしまう可能性があります。

とはいえピンの人は打っている間動けないので、その人が打っている限り邪魔にはなりません。
なので頻繁に拾えるような店舗なら特に問題ないですね!

一方でグループの場合だと非常に厄介です。

あちらこちらにメンバーが散らばっているので、かなり台を取りにくい状況になります。
特に1つの店舗に居座られると、とてつもなく不利になりますね。

グループを見つけたら店舗を周る頻度を変えた方が良いかもしれません。
近い店舗も使っているなら、グループが入ってる店舗はたまーに見に行くレベルでいいと思います。

自分が使っていたお店に、後からグループが入ってきて一気に使いにくくなる。
というケースも多々あります。

そうなった時の為に代わりとなる店舗の確保をしているといいですね!
定期的に違う地域で店舗の下調べしておく事をオススメします。

店舗確保についての記事も書いてるので是非これを参考にしてみて下さいね!

参考記事>>最重要になる店舗の確保!店舗選びのポイントを解説!

使用店舗を把握

チェック

ライバルの使用店舗を把握しておく事で店舗の使い方が変わってきます。

基本的にはみんなが同じようなメイン店舗を使っているのですが、5店舗が密集してるような地域でもその内の2店舗はあんまり使ってる人がいないというパターンもあったりします。

ライバルが使っていない店舗は穴場になるので独り占め状態ですね。笑

けれど使っていないのには何かしら理由があるはずなので、まずは原因を探ってみましょう。
「換金率が悪い」「再プレイ不可」など
様々な原因があったりしますので確認必須です。

何も問題無ければ独り占めしちゃいましょう。笑

ただそういうお店はだいたい過疎店と言われるお店だったりして、なかなか台が育たないと思うので、メインで回る店舗のカバー役として見ておくといいでしょう。

なのでライバル達のいるメイン店舗を基本的に回りながら、取れない時間があれば穴場の店舗で消化していくスタイルでいいと思います。

同じルートを通らない

ストップ

これは考えなくても理解できると思います。
ライバルの後ろを通っていても打てない台しか落ちてないので意味がないですよね。

何も考えずに立ち回っていると不意にこのような現象が起きたりします。笑

なので常に「視野を広げる」ことが重要!!

視野を広げる事によりライバルがどこにいてるのかを把握でき、同時に動きも予測できます。

例えば自分がA店に入ろうとした時に
ライバルがA店から出てきた場合、もうすでに打てるものがなかったのを確認した後なので、その店舗には恐らく台は落ちていません。

なのでその店舗を回らずにライバルが向かおうとしている店舗へ先回りしましょう!

こうやってライバルの動きを予測し、先回りして店舗をチェックしたりと相手の行動を先読みする事で飛躍的に拾える可能性がUPしますよ。

ライバルが稼働中はチャンス

進む

ライバルが打ってる間は絶好のチャンスです!
ライバルが1人減っている状況なので、その間にどれだけ無双出来るかが1つのポイントですね。笑

なるべくこの時間は粘って店舗を探し回るようにしましょう!

※このタイミングで歩き疲れて休憩するなどは、絶対NGです。

レベルを知る

見る

ライバルのレベルは様々で、初心者〜上級者まで沢山いてます。
対策を取るべきライバルは中級〜上級者なので初心者はとりあえずスルーで大丈夫です。特に影響しないので。

中級者の場合、立ち回り方や知識量で対抗できます。
立ち回りに関しては上記の通り実践していただければ大丈夫ですが知識量は確実に勉強量が必要です。

バラエティの知識量で結構差がつくので
バラエティは完全に網羅するべきです。

最初の内は自分の使っている店舗のバラエティくらいは最低限理解しておきましょう。

そして上級者の場合は、
時間効率で差がついてきます。

上級レベルになると、かなり細かいところを如何に早く行動するか、効率のいい店舗の使い方など、
全てが効率重視になってくるので
ここに対抗するにはそれ以上に効率のいい立ち回りをするか、違う店舗で立ち回るかという感じになりますね。

まぁ上級者に対抗できるぐらいなら
違う店舗で稼働した方が稼げると思いますが…

フルフェイト
時間効率が良くなる方法の1つですね!
覚えたい方はこの記事にて。

参考記事>>今の時給が跳ね上がる?!プロでも出来ていないフルウェイトの極意。

要はライバルのレベルを知ることによって「やるべきこと」「覚えないといけないこと」が明確になるということですね!

ライバルの見つけ方

悩み

以上の様に説明していきましたが
そもそも、ライバルを見つけれないと元も子もないですよね。

ライバルを見つけ出す能力がつくと、
急なライバル増加などで状況が一変した時に
いち早く気付く事ができ、立ち回り方を改善する事が出来ます。

逆に気付く事ができないと
「最近あまり拾えないなあ」と感じるだけで、対策もせず無意味に立ち回り続けることになってしまうのです。

なので「ライバルを見つける能力」
というのはとっても大事なポイントです。

これに書いてある通りですが
目的を持っているかどうかで行動が全然違うのです。
天井狙いの場合は(例)をそのまま見てもらったらある程度見分けれると思います。

他のポイントで言えば

POINT‼
・自分が使っている複数の店舗でよく顔を見る人
・自分と同じ動きをしている人
・再プレイで天井がある台の深いゲーム数を打ってる人
・データランプを見ながら計算してる人
・メモを取ってる人

挙げればたくさん出てきそうですが
一先ずこの辺りを意識的に見ればある程度把握できるのではないでしょうか。

前にも書いた通り、
ライバルをいち早く察知することによってのメリットはかなり大きいので、
常に意識して見続け、無意識でもライバルだとわかるぐらいになりましょう!

今の僕はだいたい顔と雰囲気で同業者はわかります。笑

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「相手の行動を読む」
と単純に言っても実際は重要な点がたくさん存在します。

これを実践し対策する事で相手にとって自分が厄介な存在になれます。

そしたらもう怖いもの無しですね!
どんなライバルが現れたとしても対策するだけで逆に相手を追い込んだり出来ます。

相手を追い込めるとそのエリアから撤退させれる事も可能なので非常に有効です。

しかし撤退させたいからといって横暴なことをしてはいけません。
マナーをしっかり守った上で有効な対策を心がけていきましょう。

以上、最後までご覧いただきありがとうございます!
これからもこういったノウハウを発信していきますので是非チェックよろしくお願いします!

また次回の記事でお会いしましょう!
さようなら!