【日給アップ確定です】立ち回り上達!重要な4つのコツをご紹介。

階段

前回の記事でもご紹介したように
今回は“立ち回り方を上達する為のコツ”をお伝えしたいと思います。

まずは基礎的な立ち回り方を把握していなければこの記事を理解できないと思いますので
前回の記事をご覧になっていない方は
先にチェックしてからご覧下さい!

前回記事>>初心者でも即実践可能!天井狙いの立ち回り方法を解説。

ズバリ!立ち回り方を上達するには

POINT‼
・すぐに打つ判断をしない
・機械的に歩かない
・バラエティ機種の知識
・店舗の使い分け方

この4点が主に重要となってきます。

他にも細かいところではたくさんありますが、一気に覚えるのは辛いと思うので、今回はこれらを噛み砕いて詳しく解説していきたいと思います。

これをマスターできたなら自分自身のスキルアップ及びライバルとも差をつける事が可能です。

是非最後までご覧下さい。

立ち回り上達のコツ

スキルアップ

いざ天井狙いをやってみて
「なかなか台が拾えない」
と感じる事がこれからあるはずです。

僕も始めたての頃に
このような経験をしました。

そんな中以下の4点を
改善した事で問題を解決できました。

では一つ一つ解説していきますね。

すぐに打つ判断をしない

ダメ

最初の頃は打てる台を見つけると
嬉しくてとっさに打ってしまいがちですが
ここは我慢です。

他にまだそれ以上の期待値の台が
潜んでいる可能性がありますよね。

そこですぐに打ってしまうと
他で落ちているかもしれない
期待値が高い台を見逃す事になります。

まず台を確保して他に打てる台が無いかを
店舗内でチェックしていきましょう。

※台を確保して放置し過ぎると
店員さんに解放されてしまうので、
その店舗内だけを確認するようにしましょう。

これを行う事で他にも
得れるメリットがあります。

・ストックを作れる

ストックを作れると言うのは、仮にメイン機種バラエティ機種の2機種が同じ期待値で落ちていたとしましょう。

どちらを打ちますか?
考えてみて下さい!

考える

A.メイン機種の方を先に打つべきです。

天井と言う概念はスロットユーザーなら
ある程度把握しているもので、
バラエティだとマイナーな機種が多いので放置していても打たれる可能性は低いですが、
メイン機種となればだいたいの人に認知されており他の客に打たれる可能性が高いです。

なのでメイン機種から消化し、その後にバラエティ機種がまだ空いてたら打つようにすれば、2台打てる可能性があがりますよね。

逆のパターンだと1台しか打てない可能性が高いです。

こうすることでストックを作ることができ、期待値を底上げする事が出来ます。

期待値とはそもそも台のスペックだけの単純計算ではなく、その場その場の環境に応じて計算していくものなので、
例のようにその状況に一番最適な選択をするべきですね。

機械的に歩かない

歩く

これは結構やってしまいがちな行動ですね。

天井狙いで上手く立ち回るには、
計画的に立ち回る必要があります。

天井狙いをしている時は
今からその店舗に入るのはなぜかという理由をつけましょう。

例えば
「朝イチのリセット台を狙いにいく」
「やめそうなおじいちゃんがいたから」
「育ちそうな台があった」
「この時間が1番稼働量が程よいから」

などの理由があったからその店舗を回るということです。

無意味になんとなく回っていると中々拾う事は出来ません。

拾えない時間帯に稼働量が少ない店舗をずっと回っていても、そもそも育っていないので意味ないですよね?

それより「おじいちゃんがやめそうだった」のような、その時々の状況に合わせ、的確な店舗に入っていくほうが拾える可能性は格段に上がるでしょう。

「何か落ちてないかなぁ〜」と回るより
「あの店舗の〜を見に行こう」という感じです。

逆に稼働量が多い店だと
メイン機種などは入れ替わりが激しく、
回転数もそれなりに回されているので効率よくメイン機種だけを見に行くなどの工夫をする必要があります!

今はどこが拾いやすいのか。
ということを常に考えながら稼働しましょう!

しかしずっと天井狙いをやっていると、
どれだけ効率よく回っても台が拾えない時間帯が出てきます。

そんな時は昼ご飯を行くのもアリです!
僕は取れない時間があったら
まず昼ご飯に行くようにしています。

どうせ行くならそういったタイミングで行く方が効率いいですよね!

バラエティ機種の知識

バラエティーコーナー

バラエティの知識をつけると
飛躍的に打てる台数が増えます。
なんならバラエティが1番良く拾えます!

さっきの回答で言ったように、マイナーな機種を知らない人が多いからですね。

基本的にどの店舗もメイン機種は人気があって、そこに稼働が偏るのでバラエティは穴場になります!

バラエティは知識が無いと見逃してしまう可能性が高いのでしっかり知識を蓄えておきたい所ですね。

思わぬ期待値激高のお宝台に遭遇するのも
バラエティ機種のいい所です!

「機種名 期待値」で解析が出てくるので
せめてマイホール(自分が使っている店舗)のバラエティ機種くらいは打てるラインを覚えておくようにしましょう!

店舗の使い分け

プラン

「大型店舗と過疎店舗。」

この2つにはそれぞれ特徴があり、
使い方が全く変わってきます。

この特徴を活かすことによって、
効率のいい立ち回り方が出来るようになります。

ではこの2つの店舗があった場合、
どういった立ち回りをすればいいのか例に挙げていきます。

・大型店の使い方

大型店は稼働量が多いのが特徴です。

1日通して使えるので、
全体的に取れない時間も少なく
ある程度の稼働量は取れます。

基本はメインで使う店舗ですね。
その反面、同業者も多く集まるので対策が必要になってきます。

同業者の対策方法は
次回の記事で紹介するので要チェックです!

・過疎店舗の使い方

過疎店舗は稼働量が少ないのが特徴です。

台が育たない分、使い方を工夫しなければ全然拾えませんね。

夕方頃にちらほら稼働が付いてきて
多少使いやすくもなったりしますが
立ち回る時間帯は比較的遅めになります。

そんな過疎店の最大の旨味は
超お宝台が眠っている可能性が高いということです。

同業者も少ないので競争率も下がり、
時には無法地帯と化します!

なので大型店ではすぐ取られてしまうような相当高い単価の台でも簡単に拾うことが出来るんです。

しかも過疎店舗はライバルになかなか取られることがないので、ストックができるという強みもあります。

「ストックって何?」
となった方も多いと思いますが、
これは天井狙いのコツの1つなので
覚えておいた方がいいでしょう。

ストックとは、
打てる台を見つけてもすぐ打たずに
とりあえず放置しておくことです。

この間に大型店など
立ち回りやすい時間の店舗で
出来るだけ台数をこなし、
拾いにくい時間帯になれば
過疎店舗にまた戻ってストックを消化していきます。

要はいつでも打てるキープを作っておく感じですね!

これがあると効率が一気に良くなります。

このように使い分ける事でそれぞれの特徴を最大限に活かした立ち回り方が可能になります。

打てる台数も飛躍的にUPしますよ!
是非活用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

まとめ

全てに共通して言えることは
“常に考えて立ち回る事”ですね。

天井狙いは、ただハマっている台を打つだけでは台数もこなせず収支も上げにくくなります。

しかしちょっと考えた立ち回り方をすることでびっくりするほど結果が変わってきます。

是非実践して体感してみて下さいね!

そして環境に応じて立ち回り方も変化して行きますので環境変化には十分意識しておく事が大事ですよ。

環境変化とはライバルの増加などが影響してきます。ライバルが増加すると立ち回りにくくなったりするので対策が重要になってきます。

次の記事ではライバル対策のテクニックをご紹介致します!
対策方法を知っておけば環境変化に対応しやすく天井狙いを有利に進める事が出来ます。

必須スキルなので是非次回もご覧下さいね!

ではまた次回お会いしましょう(´∀`)
さようなら!

皆さんいつも応援ボタン押していただいて
ありがとうございます!
お陰様で毎日やる気が満ち溢れます(*ノωノ)
下の画像を押すとにほんブログ村に移行します!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 スロットブログ スロット攻略・裏技へ
にほんブログ村

次回の記事でまたお会いしましょう!(^^)!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Twitter

リアルタイムで更新しているので
フォロー必須です!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Twitter