【初心者必見】収支公開+天井狙いを徹底解説!スロットで稼ごう!

【初心者必見】収支公開+天井狙いを徹底解説!スロットで稼ごう!

メダル

今回は“スロットで稼ぐ方法”
初めての人向けに発信していこうと思います!

今の僕をザックリ紹介すると5年間ほど
パチンコ、スロットで生活しています。

そこで蓄えた資金と知識でグループを作り
現在はそこから発生する収益を元に
自分が面白そうだと思ったことに熱中しています!

Twitterなどでもノウハウや
たまに日常での出来事などを書いたりしているので
是非フォローしてくださいね!
Twitter>>G-24のアカウントはこちら

スロットで稼ごう

今この記事を見てくれている方の中で
「パチスロで生活なんてありえない」
そう感じている方も少なくはないと思います。

それもそのはず。

パチスロとは基本的に娯楽の一部で、
パチンコ屋が成り立っている理由としては
“常にユーザーが負けてくれているから”ですよね?

なので基本は負けるゲームと認識されているはずです。

そんなパチスロで
ただ遊戯を楽しむだけでなく
仕事として取り組むことが可能なのか?

答えはYESです。

「本当か?」と思われる方もいるはず。

疑ったまま読み進めていくのはしんどいと思うので
まずは1度稼げるイメージを作ってもらいましょう。

僕たちみたいなパチスロを本業としている人は
実際にどれぐらいの収益が出ているのか、
時給何円ぐらいの立ち回りができているのか。
などを把握するために
だいたいの人が収支をつけています。

なので今回は僕個人で実際に稼働した
去年の収支を載せておきます。

自分の分なので若干サーっとまとめていますが
まぁそこまで大きい誤差はないと思います。
だいたいこんな感じの収支になりますね!

収支1

収支2

基本的にはグループでの収益がメインなので
そこまで稼働していない月もありますが
今見ると去年は案外稼働してましたね(笑)

差枚数とかで数字を出しているので
ちょっと見にくいかもしれませんが
一人だと大方月収40〜70万ぐらいです!

1年単位で表示しているので
実際1日単位や1週間単位の細かさでは
マイナスになることもありますが
月間で見るとほぼ右肩上がりになります。

専業で稼働している場合、
この額を稼ぐのはそこまで難しくないと個人的に思いますね。

グループの売り上げなどは
自分でやるにはかなりの仕事量なので
また別に事務係にやってもらっています。

従業員の収支は給料に関わるので
ちょっと複雑にはなりますが
そちらも別記事で紹介しますね!

ではスロットで稼げるということは
分かってもらえたと思うので
次のステージへ進みましょう!

「んー、まだ半信半疑だな。」
という方も実際に読み進めていくと
理論的に勝てる原理が分かると思うので
そのまま進んでもらって大丈夫です!

稼ぎ方の種類

見出し1

普通に遊戯すると負けるパチスロなのに
どういった方法で稼いでいるのか?
という部分を深掘りしていきたいと思います。

スロットで稼いでいくには
いくつかの方法があります。

それのメインとなるのが
“天井狙い”“設定狙い”です。

スロット経験者なら
聞いた事があるワードだと思います。

今回は天井狙いにのみフォーカスして
基礎から説明していきますね。

これから天井狙いについて
分野を分けて記事を書いていきますので
全て読み終わった頃には
あなたも天井狙いで収益を上げる事が
可能になる内容となっているでしょう!

なので最後まで是非ご覧ください!

天井狙いとは?

ポイント

まず天井とはどういう意味か説明します。

スロットにおける天井とは
規定のゲーム数がきたらボーナスやARTなど
何かしらの恩恵が確定するゲーム数の事です。

いわば救済措置みたいな物ですね。
(ここから”ゲーム数”→”G数”と書いていきます。)

天井狙いは名前の通り、
“天井を搭載”している台しか
基本的には打ちません。

天井搭載している台を
その規定G数まで回す事を指します。

ただ0Gから打つのではなく
なるべく天井G数から近いG数で
打つ事が目的となります。

本来0Gから打ち始めるスロットですが
仮に天井が1200Gの台
(1200G回した時点でボーナス確定)を打つ際に、
0ゲームから回す場合と
500ゲームから回す場合を考えてみましょう!

0Gからの場合は
MAX1200回転回してやっと
救済措置が発生します。
しかし500Gから打った場合は
MAX700G回すと天井で救済措置が発生し、
絶対に当たるというわけです。

単純に同じ機種を打つ場合に
最大1200G回すと当たる台か
最大700G回すと当たる台か。

どちらの方が得かをシンプルに考えると
500Gから回した方が得ですよね?

この“天井機能”を活かして
次で解説しますが期待値という値が
プラスになるG数から
打ち始める事を天井狙いと言います。

ハイエナとも呼ばれたりしますね!

ハイエナ

他者の打っていた台を
自分が美味しい所だけ打つので
そのような呼び方がつきました。

後、張り付き行為と呼ばれる
人が遊戯している台の後ろに張り付き
辞めるのを待ったりしている人も多数いています。

これこそまさにハイエナですよね。

じーっと待ち、
空いたら即座に反応し台を取る。

このような行為は時間効率も悪く
店側も一般ユーザーも気分が悪いので
僕たちは張り付き行為しませんし
ハイエナと言われるのも嫌なので
天井狙いと言うようにしています。

これが天井狙いの基礎知識です。
なので有名なジャグラーなどの
天井機能が搭載していない台は打ちません。

ここまでの話しを振り返ると、
「天井機能を活かしある規定G数から打ち、
立ち回るのが天井狙い」
ということです。

記事が進めば理解できるので
今は難しく考えずに
これだけ理解していれば大丈夫です!

期待値とは?

期待値

ここからの話しをするには
まずは期待値という概念を
理解してもらうことが必要です。

この記事とは別に
期待値専用の記事を用意しますので
今回は出来るだけ分かりやすく
パチスロにおいての期待値を
ザックリ説明しますね!

期待値=同条件で何度も繰り返し打った場合に収束する数値

これを頭に叩き込んでください。

どんな仕事をするにしても
この知識を持っているだけで
絶対的有利な立場になれます。

世界で有名な投資家や社長に
“期待値を知らないという人はいない”
というレベルの大切な知識です。

後でたくさんこのワードが出てくるので
・同条件で
・何度も繰り返し打った場合に
・収束する数値

こんな感じで頭に入れておいてください!

例えば、同条件で同じ台を何台も打った場合
1台あたりの期待値は+5000円。

というような台を100台打つと、
収束した時の数値なのでブレはあるものの
大方50万円期待値を稼いだ状態になります。

くどいかもしれませんが
重要なので何度も繰り返すと、
要するに期待値が+2000円なら
何回も打った時に1回当たり2000円勝つように
収束していくということです!

では期待値についての
理解度が深まったところで
もう一度振り返ります!

“天井”と言う機能を活かして
期待値がプラスになるG数から
打ち始める事を天井狙いと言います。

天井狙いとは本当にこれだけの
シンプルな作業になります。

初心者からでもすぐに実践できることから
始めたては天井狙いを覚えていくのが1番効率がいいと思います。

後のデメリットとしては
周りと差をつけにくいという点ですね。

現代ではネットで調べれば何でも
答えが見つかる時代なので、
もっと稼ぎたいと思うと
やはり天井狙いの様な
答えを知れば誰でも稼げるところには
ライバルが増えて稼ぐ幅が限られます。

しかし逆に言えば
初心者の人でもある程度覚えてしまえば
上級者と大して差がなく稼いでいけるということですね!

天井狙いのやり方

スロット

まず空き台を見つける

スマホで期待値を調べる
(“台名 期待値”のように検索する)

期待値があるG数なら当たるまで打つ

当たったらやめ時を確認してやめる

簡潔に説明すると天井狙いの流れとしては
これが基本的な形です。
1つ難しいポイントは
期待値がプラスなら打つと言いましたが
ただプラスだったらOKではないという点です。

稼ぎたい額や機種、状況によって
ボーダーライン(打ち出すゲーム数など)を
変えていかなければいけません。

期待値1000円〜打てる台もあれば
期待値2000円〜打てる台もあります。

この辺は時間効率換金率
環境などを考慮して計算するので
ちょっと奥が深いです。

しかし安心してください。
そんな計算やどこから打てば
どれぐらい稼げるのかというのも
今では様々なサイトで紹介されています。

なので調べれば誰でもすぐに出来るのです!

全ての機種を覚えるのは大変なので
深いゲーム数の場合に立ち止まって
スマホでサクッと検索しましょう。

例えば凱旋の狙い目を知りたい時には
「凱旋 期待値」と検索してみると
ご覧の通り出てきます。

2-9
引用:2-9伝説

僕のグループでは
時給2000円がベースになるように
計算して稼動しています。

ボーダーを落として狙うと
台は見つけやすくなるのですが
収支が荒れやすくなります。

逆にボーダーを上げて狙うと
台を見つけるのは少し難しくなりますが
収支は安定しやすくなります。

経験からお話しすると
時給1500円レベルなら
正直誰でも稼げるようになるはず。

そう考えると縛られたバイトではなく
自由に休憩してもいいですし、
色んな機種のスロットを打てるので
楽しみながらバイトより稼げますよね!

まとめ

まとめ

以上が天井狙いの
基礎中の基礎となる部分です!

天井機能を活かして
おいしい所だけを打つのが天井狙い。

人が辞めた台を打つと言うのは
一般的に皆がしている行為であって
僕らはただ辞めた台に対して分析し、
打つか打たないかの判断をするだけなので
全く悪い事ではありません。

自信を持って天井狙いを
実践していって下さい!!

次回からも天井狙いに関する記事を
書いていきますので是非ご覧ください。

最後までご覧頂きありがとうございます。

応援ボタンを下に設置していますので
ポチっと押して応援してくれると
すごく喜びます(〃ω〃)

ではでは!また次回をお楽しみに!!